HOME > その他 > 資産運用 > サラリーマンの個人型確定拠出年金の運営機関の選び方

NEWEST  ←元本保証で年利10%を軽く超える金融商品  サラリーマンは確定拠出年金で元本保証商品は選ぶべきではない!→

サラリーマンの個人型確定拠出年金の運営機関の選び方

運営機関の選び方とのタイトルですが、投資先、投資商品によって
選択が変わってきます。

ここで学ぼう確定拠出年金!
個人型確定拠出年金の手数料ランキング(運営管理手数料+信託報酬)

色々とみると維持費の安いSBI証券とスルガ銀行の2択に見えるが
そうともいえない。

海外投資データバンク
個人型確定拠出年金のお奨めな運営管理機関一覧表

スルガ銀行とSBI証券が安いのは結局、費用を信託報酬に乗せてるだけ
じゃないかと思ってしまいます。

日本株インデックスが0.25%ぐらいであるのに上記は0.5~0.68%となっている
つまりは倍以上の信託報酬が必要となる。

そうすると20年とかの長期で運用した場合には1000万円程度には資金が
膨らんでいるとすると。0.25%というのは25000円となる。
以降はどんどんと増えていくので信託報酬が安い方が結果として安くつく。

ただし、毎年5%で運用という机上の計算だし、取り扱い商品にもよるので
必ず有利とはいえないでしょうが。。
10年ぐらいはスルガorSBIも悪くないです。あるいは取り扱い商品が
すごく魅力的ならここにするのも手です。運営機関の変更も一応できますしね。

信託報酬を考えると岩手銀行、琉球銀行の2択となる。

カウンターゲーム
琉球銀行の個人型確定拠出年金が最強!

自分的には運営機関を選ぶというより、どの商品を選ぶかということだと
思います。アクティブではなくパッシブ、インデックスの方がイイとなれば
琉球銀行を選ぶ。けど「野村新興国株式インデックスファンド(確定拠出年金向け)」
などよりほかの投資信託が魅力的なら他の運用機関を選ぶというスタンスで
よいかと。

また、ポートフォリオというか投資先ですが、国内より海外の商品で
株、債券、リート(不動産)、コモディティ(実物商品)あたりが
よいかなと思っていたり。

国内のものは、ETFやら普通に株とか、預金とかでいっぱい持てるけど
海外のものは手軽に持てないですしね。
あと、利回り的に海外の方が有利だったり。。将来の保証はないけど
国内より将来は明るい気がしないでもない(汗

確定拠出年金だけで個人年金にするor投資信託がよく分からないなら
バランス系のものを選ぶ。
そうなれば、スルガ銀行、SBI証券などもよくなる。

結局、確定拠出年金がメインの年金となるが、その投資先を
どこにするか、どの商品にするかがメインだと思っています。

個人型年金プランを選ぶ
運営機関一覧があり扱っている商品が分かる(2010年の情報?)


ちなみに、自分では確定拠出年金は海外のみ投資。


ポートフォリオのメインが以下の2つ
野村 新興国債券インデックスF(確定拠出)
野村 世界REITインデックスファンド(確定拠出年金向け)
野村 新興国株式インデックスF(確定拠出)
新興国株もあるがリターンが微妙かも。。。

琉球銀行にしようとしていましたが、選んだ商品が全て野村という
結果になりました。そうなると琉球銀行は野村と提携だから
野村にした方が安いのか?との疑問が沸いてきて

維持費比較
琉球銀行 6,468円
野村証券 3,996円

となり、野村証券が有利となります。
投資信託は長期的には維持費が安い方が有利に働くので
こちらに決めました。

まあ、問題は新興国債券と世界REITという一般的でないものを
メインにしているという点と野村Onlyということで万人向けではない
かもしれませんがリターン、信託報酬等を優先した結果なのでコレもありかなと。

野村證券

確定拠出年金だけで運用するわけではないし、リスクを取る!場合は
野村證券お勧めです。

でも、リスクを取らずに積立や保険の見直しで確定拠出年金を利用する
ならSBI証券だと思います。

右 元本保証で年利10%を軽く超える金融商品



(投資は自己責任です)

| その他::資産運用 | comments (0) | trackback (x) |

コメント

コメントする








NEWEST  PAGE TOP   

GmailをWeb Storage
 Tips

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

LINK▼

OTHER▼

Counter
(since 080903)
合計: 240460
今日: 40
昨日: 107


Warning: Unknown: Your script possibly relies on a session side-effect which existed until PHP 4.2.3. Please be advised that the session extension does not consider global variables as a source of data, unless register_globals is enabled. You can disable this functionality and this warning by setting session.bug_compat_42 or session.bug_compat_warn to off, respectively in Unknown on line 0